犬の手作りご飯のメリットとデメリット

我が家ではドッグフードも与えていますが、今では手作りご飯も併用して与えています。
うちの場合、手作りご飯を与えるようになったきっかけは、ドッグフードによるアレルギー対策がきっかけで始めました。

今でも毎日続けて与えている理由は、もちろんそれなりのメリットがあるからです。
ただ初めて手作りご飯を始めようと思うと、作り方はもちろん

  • メリット
  • デメリット
  • 注意すること

など良いところや、悪いところなど気になりますよね。

今回は私の経験から手作りご飯について感じたことをまとめてみました。
これからワンちゃんに手作りご飯を作ろうと考えておられる飼い主さんは是非最後まで読んでみてくださいね。

手作りご飯のデメリット

手間がかかる

当たり前ですが今までドッグフードを与えていたことから考えると、手作りご飯は圧倒的に手間と調理に時間がかかります。
ドッグフードの袋を開けて器に入れるだけでないので、人によってはかなり面倒に感じる方もおられるのではないでしょうか。

料理が好きな人や、家族のご飯を作ることが習慣化している人は苦痛にならないと思います。

ドッグフードに比べコストが高くなる

ご飯を与える量や肉や野菜などの食材にもよりますが、ドッグフードだけを与えているよりもコストが高くなりがちです。
特にワンちゃん用に特別に材料を揃えようと考えると、更にコスパが悪くなるのは当然ですよね。

また小型犬など食べる量が少ないワンちゃんの場合、良い食材を買っていても古くなり鮮度も悪くなります。
食材は犬も人間も食べられる食材を選び、まとめ買いすると少しでも安く新鮮な食材を使うことができます。

業務用スーパーなどのディスカウントストアもよく利用しています。

保存期間が長くない

手作りのご飯なので基本的に日持ちはよくありません。
中には冷凍保存や冷蔵保存しておけば数日ぐらいなら保存できるかもしれませんが、我が家では作ったものはできるだけ早く与えるようにしています。

ドッグフードを食べなくなる

ドッグフードを与えずに手作りご飯だけを与え続けると、ドッグフードを食べなくなる可能性が高いです。
これは手作りご飯を与えている飼い主さん「あるある」で、我が家のチワワ君たちも当てはまり困りました。

手作りご飯にドッグフードを混ぜるようにすることで、改善することが出来ました。

与えすぎると太る

ドッグフードより食いつきがよくなることから、手作りご飯を与えすぎると肥満気味になります。
特別難しいことを考えて与える必要はないと思いますが、肥満体質にならないように注意しましょう。

特に去勢や避妊手術後のワンちゃんはホルモンバランスが崩れる影響で太りやすくなります。

手作りご飯のメリット

安心の材料

ドッグフードの安全規制は緩く、ドッグフードによっては得体のしれない材料が使われていることがあります。
例えば肉類と書かれていても、肉類の内容が分からないので何の肉が使われているのか分からないということです。

このように内容が不明確なドッグフードは、肉類と書かれていても実際には私たちが想像する「肉」ではありません。

その点、手作りご飯のメリットの一つとして、ご飯に使う材料選びからワンちゃんがご飯を口にするまで、飼い主さんが全て把握できることが大きいといえます。
アレルギー体質のワンちゃんであれば、飼い主さんで材料を調節することも可能です。

栄養と水分をスープで同時補給

水だけを与えていても飲んでくれないワンちゃんは意外と多いですよね。
野菜や肉を煮込むことで出る煮汁やスープをご飯に混ぜて与えると、きれいに飲み干してくれます。

普段与えている水だけでなく、手作りご飯にすると食事の中で自然に水分を摂らせることができます。

添加物を使わない無添加のご飯

自分でご飯を作るとき

  • 着色料
  • 酸化防止剤
  • 保存料

など食材以外に余計な添加物を使うことはありません。
我が家のようにアレルギー体質のワンちゃんは添加物に反応して、アレルギー症状が出ることもあるので、無添加の自然食という魅力は大きいです。

食欲旺盛になった

手作りご飯を与えるようになりドッグフードだけを与えている頃に比べて、食事に対して興味を持つようになりました。
元々ロングコートチワワ君はドッグフードの食いつきが悪く、器にフードを入れてもほとんど食べてくれませんでした。

今ではご飯を作っている音を聞いただけで反応して、駆け付けるほど食事の時間が好きになってくれました。
もちろんワンちゃんによって食欲や食いつきに違いはありますが、手作りご飯を与えてることで食いつきが改善されることも多いです。

黄色い嘔吐物を吐かなくなった

ドッグフードだけ与えているときはフードの食いつきが悪く、黄色い嘔吐物を度々吐くこともありました。
動物病院の先生に聞いたところ黄色い嘔吐物を吐き出していた原因は、お腹が空き過ぎているときに胃酸が逆流している症状だったようです。

ご飯の食いつきが良くなってからは、吐かなくなりました。

食事を共有できる

飼い主としてドッグフードという人工的な食べ物ではなく、家族として肉や野菜など同じものを食べられることは何より嬉しいことです。
ご飯を待っているときもヨダレを垂らしながら待っていて、ご飯の時間を楽しみにしてくれていることからも作り甲斐がありますよ。

さいごに

私が感じた、犬の手作りご飯のデメリットとメリットをまとめました。
メリットを大きく感じるか、デメリットを大きく感じるのか飼い主さんの感覚次第です。

最低限、与えてはいけない食べ物は知っておく必要がありますが、体質的にも健康面でも改善されたことがかなり大きかったので今後も続けていきます。

他のサイトで手作りご飯は「栄養管理が難しく、栄養が偏る」という意見を見かけますが、個人的にはそこまで細かく考えなくても大丈夫かなと思います。
栄養バランスが気になっている方は便利なツールを見つけたので、目安に使ってみてもいいですね。

犬の手作りご飯の栄養計算ツール Check!

素人が栄養を考えて作ることも大切ですが、手作りご飯で伝わる愛情もあるともいます。
ぜひ興味がある方はチャレンジしてみてください。

ps,犬の手作りご飯にハマってしまった奥さんが只今、犬の管理栄養士の資格を取るために勉強中です笑

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク