このドッグフードは安全?私のドッグフード選びの基準と考え方

市販のドッグフードといえばネットで添加物や粗悪な原材料が使われていると言われていることからも、ドッグフードの選び方に慎重になっている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

過去に私も同じようにドッグフード選びにかなり迷ったことがあり、結局どのドッグフードを選べばいいのか分からなくなった経験があります。
我が家の場合、ロングコートチワワ君がアレルギー体質ということもあり、体に合わないと蕁麻疹(じんましん)が出てしまうので色々試しながら本当に苦労しました。

そのときドッグフード選びの参考にしていたのが、インターネットのドッグフードの選び方について取り上げられたサイトです。

今になって考えてみると、結局「何が良くて何が悪いのか」の部分よりも、商品を売りたいから危険な成分や材料について必要以上に極端なイメージを与え、飼い主の迷っている気持ちを煽っているようなサイトが多かったように思います。

そこで今日はフードジプシーだった経験も踏まえ、ドッグフード選ぶときの基準についてお届けします。

私のドッグフード選びの基準

あなたがドッグフードを選ぶときに重視することは何ですか?
我が家のロングコートチワワ君のようにアレルギー体質なワンちゃんは、もちろん体に合うということが前提ですが、人によってフードを選ぶ上で重要視するポイントは違うと思います。

結局、私は…

「価格と品質、どっちが優先?」

という答えにまりました。
ちなみに品質や安全性を突き詰めると

「栄養バランスが整った手作りご飯を毎日、毎食与えてあげる」

になると考えています。

栄養バランスの良い手作りご飯は、ドッグフードのように余計な材料や添加物がなく、一番ワンちゃんにとっては体に良いでしょう。
これは人間に置き換えても同じこと。

レトルトやインスタント食品よりも、栄養のある手作りご飯の方が体に良い事からも同じことが言えると思います。

極端な話は置いておいて結局、最終的には予算に合った飼い主さんが良いと思うドッグフードを選ぶことが、飼い主さんにとってもワンちゃんにとっても良いのではないでしょうか?

高いフードが必ずしも良いフードとは限りません。

日本のドッグフードの安全規制は甘いことからも、値段に関わらず粗悪なドッグフードが当たり前のように存在するのも事実です。
そこで私なりに最低限、粗悪と思われるドッグフードを掴まないポイントを紹介します。

最低限避けたい4つの原材料と添加剤

原材料として多く含まれているものが左上に表記されているものから順に並んでいます。

肉類・〇副産物(ミートミール/家禽ミール)

  • 肉類
  • ミートミール
  • フィッシュミール
  • 家禽ミール

これだけでは何肉なのかが分からないのが怖いところ。
他にも鶏副産物とは鶏肉以外のくちばしや足、血液や糞を含むごちゃ混ぜになったもので何が入っているか分かりません。

肉がメインで「何肉」か明確なフードを選ぼう

犬は肉食動物なので、肉から得られる動物性たんぱく質の吸収が良く、肉がメインに使われているフードの方が犬にとっては消化や栄養の吸収も良いです。

  • チキン
  • サーモン
  • ラム肉

のように肉の種類が明確に分かるもの。
またはメーカーのホームページで「副産物は使用していません」と書かれている物で、肉の表記が一番左上に書かれているフードを選ぶようにしています。

チキンミール=鶏副産物ではありません。
チキンミールにはグレードがあるので、副産物ではなく鶏肉が使われているフードもあります。

ただし、1kg 1000円前後のフードの場合、生産コストから考えても鶏副産物が使われている可能性が高いです。

この間ペットショップに置かれているドッグフードの成分でフェザーミールというものを見かけました。
家に帰って調べてみると、鳥の羽が使われているそうな…

動物性油脂

動物の副産物(肉以外の廃棄処理されるような部分)から抽出された脂のことです。

犬は嗅覚が鋭く、臭いが強い食べ物ほど食欲がそそられます。
動物性油脂はフードへの食いつきを良くする香りづけとして使用されます。

穀類(トウモロコシ/大豆)

全ての穀類が悪いわけではありませんが、使われている材料と穀物がメインになっていないことはチェックしておきましょう。

特にトウモロコシや大豆(大豆ミール)は犬にとって消化も悪くドッグフードの量増しに使われているともいわれています。
また穀物に含まれているグルテンがワンちゃんによってはアレルギーの原因にもなるので体に合わないワンちゃんもいます。

穀物アレルギーのワンちゃんは、穀物不使用(グルテンフリー)のフードを選びましょう。

着色料

ドッグフードも人間の食べ物においても着色料は、見た目を鮮やかにするもので本来不要の添加剤です。
人間の食べ物でいうとカレーライスの横に添えられた、真っ赤な福神漬けが分かりやすいですね。

パッケージに野菜のイラストが描かれていて、フードに色がついていると何となく良い印象を受けがちですが不要な添加剤です。
着色料も種類によってはアレルギーの原因になったり、発がん性があるといわれています。

犬は色別能力が低いといわれています。
人間には色がはっきりわかりますが、着色されていることで犬の食欲がそそられることはありません。

酸化防止剤については意見が分かれる

酸化防止剤とは食品が酸化し劣化するのを防ぐ添加剤です。
特にBHAやBHTと呼ばれる合成酸化防止剤は発がん性やアレルギーの原因になるという理由から、色々なサイトで危険といわれています。

一つの事例として「賞味期限が切れてから数年たってもカビ一つ生えないフードもある」ということも、危険とされている理由の一つでしょう。

でも、考え方を変えれば私たちが身近に食べている食べ物にも当たり前のように酸化防止剤は含まれています。
ここの感覚が人によって意見が分かれるポイントですが、成分は違えどほとんどのドッグフードに酸化防止剤は使われています。

酸化防止剤は本来食材が傷みにくくするために使用されています。
あまりシビアに考えすぎるとドッグフード自体選べなくなってしまいます。

我が家の場合、ロングコートチワワ君はアレルギー体質ということもあり、BHAとBHTは避けるようにしています。

原産国

ドッグフードに記載されている原産国は、最終的に加工された国の表記です。
元々の各材料の原産地は私たち消費者には分かりません。

あくまで最終加工された国であり、言葉から想像する原産国ではないので注意しましょう。
食品偽装問題もあるので、原産国が中国と書かれたものは選ばないようにしています。

日本のドッグフードの基準はアメリカやヨーロッパの規格より水準が低いともいわれています。

さいごに

私がドッグフードを選ぶときの最低限の基準は

  • 原材料の肉類の表記
  • 動物性油脂が使われていないか
  • 穀類がメインになっていないか
  • 着色料が使われていないか

こんな感じです。
とにかく犬にとって不要だと思う材料と添加材を挙げてみました。

ネットなどでは成分分析されていて、まだまだ他にも余計な材料や添加剤が書かれているサイトも沢山あります。

ただ、良いフードも悪いフードも考えだすとキリがありません。

家計の余裕からも愛犬のドッグフードの予算はそれぞれ違います。
色々な意見に煽られて振り回されるよりも、予算の中で飼い主さんが良いと思うフードを選んであげるのが個人的には良いと思います。

恐らく今回お伝えした避けるべき原材料や添加物を見ながらフードを選ぶと、激安で粗悪なドッグフードは避けられると思いますよ。
個人的な意見ばかりですが、ドッグフード選びに困っている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

>>ワンちゃんの食と健康に関するお得な情報<<