犬が熱中症になり易い原因、気温と湿度に要注意!

犬,熱中症

夏の暑い時期に、気をつけなければならないのが「熱中症」です。

ワンちゃんにとっても猛暑日が続くと過ごし辛いのは、重々理解していると思います。

 

日照りが強い猛暑日はもちろん、梅雨時期や曇りの日でもワンちゃんは熱中症になる可能性があることをご存知ですか?

 

  • なぜ犬は暑さに弱いの?
  • 熱中症にかかり易いワンちゃんはどんな犬種?
  • 注意する気温や湿度はどのくらい?

 

こういった質問を多く聞くので、同じ愛犬家の私から飼い主様へ、熱中症対策の前に知っておいて欲しいことをまとめてみました。

あなたの応援が励みになります♪
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ

犬が熱中症になりやすい理由

ワンちゃんは全身を毛で覆われていますが、この毛の部分は汗腺がありません。
だからといって汗をかかないわけではありませんよ!

 

「犬は汗をかかない」と言う人が多いですが、人より発汗機能はかなり劣っているため、気が付かないだけなのです。

夏場に皮膚炎を起こしやすいのもこの為だと、一部では言われています。

 

また、お散歩などは人よりも地面に近いところを歩くため、強い日差しに加え、地面の照り返しを直で感じます。

照り返しが強いアスファルト(道路)などは、40度~50度と実は想像以上に高温なんです!
このため、熱中症は大人より子供、子供よりワンちゃんの方が発症しやすいのです。

こういった理由からワンちゃんは夏や暑さが苦手とされています。

 

うちの犬は大丈夫よ!

そう思いたいところですが、犬種によっても暑さの感じ方が違います。

 

ワンちゃんの中でも、最も暑さに弱い犬種やちょっとした飼い主様の勘違いをご紹介します。

 

熱中症になりやすい犬種とは?

一般的にダブルコートと呼ばれる犬種は暑さには弱いです。
身近な犬種でいえば、人気ランキングで常に上位にいる、

ロングコートチワワやポメラニアン等です。

大型犬では、安定した人気のゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリバーなどなど
ダブルコートの代表的な犬種ですね(^^)

 

因みにダブルコートとはアンダーとオーバーの2層の毛のことを示します。

冬から春、秋から冬の時期に、よく毛が抜けるのはアンダーとオーバーの切り替えをしているからです。

 

上記の犬種は毛がモサモサしているため、暑さに弱いのは想像つきますが、実は短毛の犬種も同じなのです。

パグや柴犬も毛が短いわりに暑さに弱い犬種と言われています。
柴犬は実はダブルコートなのをご存知でしたか?

そして、パグやシーズー・ペキニーズは鼻がぺちゃんこですよねヽ(´▽`)/

 

このタイプの犬種は、パンティング(呼吸による体温調整)が他の犬種とちがって上手ではありません。

そのため、暑さに弱い犬種とされています。

 

また、夏になれば「毛がモサモサしているから暑いでしょっ?」と愛犬を気遣い、トリミングなどで夏向けにサマーカットをしているワンちゃんは多いと思います。

 

でもサマーカットには意外と見落としがちな、ある問題があるんです(・・;)

サマーカットは皮膚トラブルの元!?

実はサマーカットをしても、それは飼い主様による見た目の解消でありワンちゃんにとっては涼しくもなんともありません。

 

逆に、今まで毛で覆われていた部分がサマーカットにより短くされると、皮膚が直接暑さを感じてしまうため、逆効果なのです。

紫外線が強い夏場などは、皮膚のトラブルも起こしやすくなります。

 

人によって捉え方は違うと思いますが・・・
意外とサマーカットをお願いしても、こういった危険性があることを説明してくれるトリマーは数少ないです。

我が家では、皮膚のトラブルがない限りサマーカットは禁止しています(笑)

サマーカットよりおなかの毛をきれいに処理してあげると、冷たい床にペトっとしたとき、ワンちゃんは気持ちよさそうですよ(^^)

 

上でお話ししたような犬種は代表的な犬種ですが、ワンちゃん自体があまり暑さには強くありません。

該当しないからといって油断は禁物です!

 

ところで、体温調節が上手ではない事は説明した通りですが、夏の時期って長いですよね。

梅雨時期からジワジワと暑さが始まり、秋になっても残暑があります。

ワンちゃんのためにとずっと冷房をつけていると、電気代が悲しい事になりませんか?

 

そこで、熱中症になりやすい気温や条件などをまとめてみました。

 

犬の体温と外気温の関係

犬,熱中症

皆さんは愛犬の体温をご存知ですか?

普通の飼い主様は、日頃ワンちゃんの体温を測ることは無いと思います。

 

ワンちゃんの体温測定は、専用の体温計・もしくは水銀の体温計をお尻にプスっとさして計測します。

ちょっと気分的にイヤですよね(´-ω-`)

 

私も獣医さんへ行かない限り体温は計測しませんが、だいたい37.5度~38.5度ぐらいだそうです。

 

予防接種を役所で受けている方は多いと思います。

愛犬を知るという意味も込めて、一度獣医さんで予防接種を受けてみてはいかがでしょうか?
そのとき平熱が判ります(゚ω゚)b

熱中症はこの体温が一気に40度~42度になるそうです。

 

ちなみに、我が家の愛犬は平熱が約38度前後です。

以前風邪気味で元気がなかったので受診した際、「39.5度、平熱の範囲ですね」
と言われたときは、熱あるやん・・・って心の中で思いました(笑)

 

熱中症はだいたい気温が25℃を超えると注意が必要になります。

 

「気温25℃って快適じゃない?」

「少し蒸し暑いだけじゃない?」

 

と考える方は多いと思いますが、ワンちゃんは暑さが苦手というのを思い出してくださいね。

飼い主様が今日は少し暑いなっと感じたら、お留守番をする愛犬のために、室温を22℃~24℃を目安に室内環境を整えて外出しましょう。

 

湿度の高い日は熱中症に要注意!

気温はそうでもないのに湿度は・・・という梅雨時期!

この時期が一番厄介です。

 

ワンちゃんは60%で、不快を感じ熱中症になりやすいとされています。

気温はそうでもないけど湿度が高いという日は注意が必要です。

梅雨時期になれば、雨が降っているので窓もあまり開けたくありません。
でも締め切ると今度は湿度により、愛犬に良くないといった負の連鎖です。

 

湿度対策としては、一般的な家庭で行われているもので大丈夫です。

たとえば、我が家では換気扇を付ける、風通しをつくるを主にしています。

 

あと100円ショップでお洒落なカゴを買ってきて市販の竹炭を6本ぐらい入れておくと、湿気にもよく消臭効果もありです!

 

色んなサイトに「気温22℃・湿度60%」という記述はありますが、あくまでも熱中症になりやすい基準として設定されているようです。

でも気温が20℃で湿度は55%だから大丈夫!という理由はありません。
住んでいる地域や家の環境によっても変わるので、現実味がない数字だなと個人的には思っています。

 

大切なのは「自分が感じたら」が一番です。
飼い主様自身が不快だなぁと思う日は、身近にるワンちゃんも同じように不快に感じています。

私は、自分が暑いな・・・湿気が多いなと感じたら有無も言わず

エアコンのドライボタンをポチっと押しています。

 

熱中症になりやすい犬種や気温・湿度などをお届けしてきましたが、ポイントは

  1. ワンちゃんは暑さが苦手!
  2. ダブルコートと鼻が低いワンちゃんは要注意!
  3. 気温は25℃・湿度は60%!
  4. 自分が快適だと思う環境はワンちゃんは1番理想的な環境!

 

以上、4つのことです。

また、熱中症の時期は愛犬にも飼い主にも厄介な時期です。

取り返しのつかない事態にならないよう、しっかりとケアや対策を行いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

>>ワンちゃんの食と健康に関するお得な情報<<