犬の肥満の基準はどれくらい?体系をチェック!

犬の肥満の基準は何なのでしょうか?
先日友人が、標準体重の愛犬がよく「ふっくら丸い子だね」と言わることを悩んでいました。

うん、確かに丸いぞ・・・^^;

と思ったものの、実際肥満とはどんな基準なのかわからなかったので何も言えず、調べてみることにしました^^

あなたの応援が励みになります♪
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ

犬の肥満の基準は?

犬の肥満の基準は大きく2つで判断することができます。

1、ボディコンディションスコア

出典:環境省 飼い主のためのペットフード・ガイドライン

BCSと略され、犬の体型を5段階で分けています。
ポイントとなるのは、上から見て胸のあたりで肋骨が触れるかと、腰のクビレ。
さらに横から見た時の腹部の吊り上がりです。

真ん中のBCS3が理想的な体系とされています。

いつもお世話になっている動物病院に、触った時の感触がわかるモデルプレートが置いてありました。

ちなみに我が家の健太郎さんはどうでしょう・・・

横から見た感じはBCS3ぽいですが、触ってみて、、、BCS4に近そうです。汗
特にお腹というか、背中はお肉がついてるぞ。

ただ、写真を撮る際に思ったのですが、ご飯のすぐあとではお腹が膨らんでいるため正確な判断はできないと思います。
我が家は水分がしっかりあるご飯で、健太郎さんも小太郎さんも食後はクビレ知らず!笑
ご飯の前か、最低でも食後3時間ほどたったほうが正確だと思いました。

そのほかに、目安になる体系のチェックとして

  • アゴのライン
  • 首の後ろの肉の量
  • シッポは付け根から先まで均等な太さか(極度に太いのは太っている)

という情報も見つけました。

 

2、犬用体脂肪計

もう一つの方法が、犬用の体脂肪計での測定です。
花王さんが開発したヘルスラボという計測器で、動物病院での取り扱いとなります。

出典:花王株式会社

適正範囲の目安としては体脂肪率が20%台のようですが、これは犬種や性別、避妊去勢の有無で変わってきます。
測れる原理は基本人と同じで、筋肉や脂肪の抵抗を利用しているんですね。

測りたい!と思ったものの、いつもお世話になっている動物病院には置いておらず。泣

公式HPでヘルスラボが置いてある病院を公開しています。
http://www.kao.co.jp/healthlab/ahlist/

測ったことがあるという飼い主さんのブログをみていたら、体脂肪率はその時々で変わることもあるみたいですね。
それでも一度は測ってみたい!

 

犬の肥満に体重は関係ない?

体重も増減の目安にはなりますが、もっと大切なのが先に述べた体系と体脂肪の量です。

例えば、同じ3kgのチワワがいて、一方は引き締まった体系でもう一方はずんぐりむっくりの丸形だったとします。
この2頭は同じように理想の体なのかというと違いますよね?^^;

同じ犬種でも体格差があるので、一概に体重だけで肥満の判定はできません。

私は初めて犬を飼ったとき、「犬は1歳の時が適正体重」と聞きました。
これは正確にいうと、

1歳(成犬時)= BCS3の状態 = その子の適正体重

ということですね。
まずは体系が理想であっての話。
逆に言えば、一般的な体重を超えていても適正な場合もあるということですね!

また、体重で肥満傾向だなと判断するのは、BCS3の適正体重から10-15%増えたころといいます。

3kgのチワワが3.3㎏~約3.5kgに増加という具合です。

たった300gで?と思われそうですが、人で言えば60kgの人が66㎏に。
ずっしり重くなりました^^;
犬も「一回り大きくなった」という印象が出てきます。

 

肥満の基準はわかりましたが、友人の愛犬は1歳くらいでした。
そんなまだまだ若い犬にも肥満を気にする必要があるのでしょうか。

 

肥満を気にするのは何歳から?

愛犬の肥満を気にするのは成犬になってからです。
成長期の子犬は体を作っていく途中段階で、エネルギーも必要とします。
ですので少々コロンとしていても問題ないとされています。

犬の成犬の目安

小型犬10か月
中型犬1年
大型犬1年半

成犬になると、体を維持する段階へとかわります。
子犬の時と同じように高エネルギーのものを与えているとどんどん太ってしまいます。
成犬用のフードに切り替え、運動も適度にさせる生活が必要です。

子犬の成長期に高度な脂肪食を与えると、成犬になっても肥満になりやすいという研究結果があります。
「子犬だから大丈夫!」と甘く考えていると、将来ダイエットや病気などつらい思いをさせることになりかねないので注意が必要です。

少しの変化でも、愛犬にとっては負担になることがあります。
日ごろから体系や体重をチェックして管理してあげたいですね!

 

まとめ

犬の肥満の基準をまとめると

  • ボディコンディションスコア(BCS)を参考に
  • 可能であれば体脂肪率を測るのがGood
  • 体重だけにとらわれない
  • 肥満を気にするのは成犬になってから

ということです。
自分で判断するのが難しいようなら、健康診断も含めて獣医さん見てもらうことをお勧めします^^
友人の愛犬はやっぱり少し脂肪が多そうですね。汗
我が家も人のことは言えませんが。。。

最近では、筋肉量を診断するマッスルコンディションスコア(MCS)という指標の数値化も研究されているようです。
もっともっと犬の健康に関して(人もですが)進んでくれることを願います^^

みなさんも愛犬が肥満にならないよう、日ごろから管理していきましょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク