チワワも快適!夏の散歩の暑さ対策とは?

皆さんは夏も愛犬のお散歩に行ってますか?

暑い時期になると犬の散歩に「行くかor行かないか」で悩んでしまいますね。
チワワなどの小型犬や室内犬は熱中症や脱水症状が気になる季節です。

でも、しっかり暑さ対策しておけば夏でも快適にお散歩できますよ。

  • チワワや室内犬に夏の散歩は必要?
  • 夏の散歩の暑さ対策

についてお届けします。

チワワや室内犬に夏の散歩は必要?

スムースチワワ

犬が嫌がらない限りは、できるだけ散歩に連れて行ってあげる方が良いでしょう。
散歩の目的は運動不足の解消が全てではありません。

例えば…

  • ストレス発散
  • 外を知って社会性をつける
  • 縄張りの確認

などいろいろな目的があります。

しかし夏場は暑いために、体への負担が大きいので散歩しないほうが良い犬もいます。

暑い時期の散歩は控えたほうが良い犬

チワワに限ったことではないですが、夏場の散歩を控えたほうが良いワンちゃんを紹介します。

  • 子犬
  • シニア犬
  • 短頭犬(パグ、シーズーなど)
  • 太っている犬
  • 心臓病の犬

体力を奪われやすかったり、暑さが苦手で体温調整が難しいワンちゃんもいます。
太っていたり、心臓病のワンちゃんは呼吸が苦しくなり体の負担になるので注意しましょう。

夏のお散歩はアスファルトの暑さに注意!

夏は気温が上がるので、知っての通りアスファルトの温度も高くなるので肉球のやけどに注意が必要です。
路面温度が高いときは50~60度ぐらいまで上がるといわれています。

人間は靴を履いて歩くので分かりにくいですが、

  • 散歩に連れて行く時間帯
  • 散歩の距離や時間

には注意しましょう。

私は夏場にチワワを散歩に連れて行くときは、手で地面を触って暑くないか確認するようにしています。
人間が素足で歩いて、問題なく歩けるかの基準で考えれば分かりやすですね。

また地面と体の距離が近い犬にとって、アスファルトの照り返しによる暑さはまさに地獄です。
日が暮れてからも地面が暑いことも多いので、散歩の時間を工夫することが大切です。

夏に散歩させる時間帯

夏にお散歩させるなら早い時間がおすすめです。
一番良いのは日の出前がベストですが、6時~7時頃でも時期によっては涼しいと思います。

日が昇って暑くなる7時~21時の時間を避けて、お散歩してみてはいかがでしょうか。
もちろんアスファルトの暑さ確認は必須です。

散歩させる距離や時間

気温が高いと体の負担も増えるので、散歩の距離や時間は普段より短くしましょう。
例えば普段20~30分お散歩してるなら、半分ぐらいでも十分です。

出来るだけ風通しの良い散歩ルートを選んでください。
草むらはマダニや虫が多いので避けるようにしましょう。

散歩させることができないときは、お家で遊んであげましょう。
うちのチワワは10~15分を目安に遊んでいます。

夏場の散歩の持ち物

細心の注意を払っていても、万が一の脱水症状や熱中症に備えておくと安心です。
いつもの持ち物に加えて持っておくと便利なものをまとめました。

  • 携帯できる給水機
  • 霧吹き
  • アイスノン(保冷剤)
  • ハンドタオル

携帯できる給水機

散歩の間の休憩には、愛犬の様子の見ながらいつでも水を飲ませられるようにしておきましょう。

霧吹き

散歩の途中で、霧吹きをかけてあげましょう。
ミストシャワーと同じ効果があるので、散歩の暑さ対策には最適です。

アイスノン(保冷剤)

熱中症にならなくても、暑そうなそぶりを見せたら保冷剤で体を冷やしてあげましょう。
足の付け根や首回りがなどを冷やしてあげると良いですね。

ハンドタオル

保冷剤にハンドタオルを巻いてから使います。
水に濡らすと冷たくなるバンダナを首に巻いておけば、代用することもできますね。

さいごに

チワワなど室内犬を夏に散歩させるなら

  • アスファルトの温度を確認すること
  • 散歩させる時間の工夫
  • 熱中症対策の持ち物の用意

などに気を付けておきましょう。

散歩中の熱中症対策には、ペット用のポカリスエットを飲ませてあげるのも効果的です。
市販でもペットスエットという名前で販売されていますが、うちは手作りで犬用のポカリを作っています。

また普段からブラッシングすることで要らない毛がなくなり、風通しも良くなって通気性も上がりますよ。

地面が暑い理由で、ブーツを履かせて散歩に出られる方もおられますが…
それなら、時間を散歩の時間帯をずらしてあげたり、抱っこして外の空気を吸わせてあげると良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク